こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は13代酒井田柿右衛門の額皿の価値と買取相場について記載していきたいと思います。13代酒井田柿右衛門の作品は価値が高くなっており、高額査定・高額買取が期待できます。

十三代酒井田柿右衛門とは
十三代酒井田柿右衛門とは

酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)は、江戸時代、肥前国(佐賀県)有田の陶芸家、および代々その子孫(後継者)が襲名する名称です。

十三代は1906年(明治39年)〜1982年(昭和57年)に活躍し、佐賀県陶芸協会会長就任、勲4等旭日小綬章受章などと共に素晴らしい作品を数多く作成した事で知られています。(画像引用元:http://kakiemon.co.jp/history/)

十三代酒井田柿右衛門の作品の価値と特徴

13代柿右衛門なくしては今の柿右衛門芸術は無いとも言われています。彼は、戦後の動乱期には父十二代をよく助けながら柿右衛門の伝統をさらに飛躍させ、江戸時代元禄期に花咲いた“濁手”を現代に復元した中心人物として高く評価されています。

濁手 松竹梅鳥文 額皿の価値

濁手 松竹梅鳥文 額皿

画像は「十三代酒井田柿右衛門 濁手 松竹梅鳥文 額皿」です。人間国宝であった十四代柿右衛門の父で「濁し手」技巧を父である十二代柿右衛門と共に復興し、その技術は後に重要無形文化財に指定されました。

額皿のサイズは、横幅:約23cm、縦幅:約4.2cm、重量:約492gで美しくぬくもりのある白濁色が、余白を多く残した構図の最上位吉祥文様である「松竹梅鳥文」に、門外不出の「柿右衛門の赤」の発色を一層際立たせた大変趣深い作品です(共箱・共布・栞・皿立など付属品は全て揃った品)。

こちらの逸品は2017年に福岡県の業者によって販売され18,7000円ほどで取引されました。そのため業者による買取の場合100,000円越えが期待できます。

濁手数珠玉文陶額の価値

濁手数珠玉文陶額

画像は「十三代 酒井田柿右衛門(1906-1982)」の濁手数珠玉文陶額です。米の研ぎ汁のような、白濁した乳白色の肌を復元した技術と、長年の研鑽による瀟洒な色絵付・・・本作はとても鮮やかな数珠玉と鳥の図が実に雅で美しく表現されております。

サイズは直径約30.5cm 高さ約4.8cmで共箱付き、茨城県の業者によって2017年に約550,000円の金額で販売されました。こちらは業者による買取の場合、400,000円越えが期待できるでしょう。

十三代酒井田柿右衛門の額皿まとめ

十三代酒井田柿右衛門の額皿は市場にて10万円から50万円前後の金額で取引される事が多くなっており、業者による買取価格は市場価格の6割〜9割程度が相場です。

売却をご希望の場合、一般的なリサイクルショップや片付け業者だと専門知識が不足しているため、価値をしっかり査定することができません。そのため、高価買取をご希望なら可能な限り骨董買取に強い専門業者に依頼したほうが良いでしょう。今回の記事が骨董品の売却や換金の参考になりましたら幸いです。

骨董品の買取なら

家に眠っている価値のわからない額皿や花瓶、引っ越しや遺品整理で見つかった昔の収集品を売るなら【日晃堂】【バイセル】がおすすめです!!どちらの業者も骨董鑑定の専門スタッフが多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、幅広い買取査定方法に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」などは全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!