「陶磁器」の記事一覧

人間国宝金重陶陽の花瓶の価値と買取相場

陶磁器
花瓶

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は金重陶陽(かねしげ とうよう)の花瓶(陶磁器)の価値について記載して行きたいと思います。金重陶陽は岡山県出身の陶芸家で備前焼の陶工として初めて人間国宝となりました。 彼は当時 […]

薩摩焼の花瓶の価値と買取相場

陶磁器
薩摩焼

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は薩摩焼の花瓶の価値について記載して行きたいと思います。薩摩焼(さつまやき)は、鹿児島県内で焼かれる陶磁器で、竪野系、龍門司系、苗代川系があります。 主な窯場は姶良市の龍門司窯 […]

楽吉左衛門の茶碗の価値と相場

陶磁器
茶碗

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は楽吉左衛門(樂吉左衞門)の茶碗の価値と相場について記載して行きたいと思います。樂吉左衞門は千家十職の一つで、楽焼の茶碗を作る茶碗師の樂家が代々襲名している名称です。 四代楽吉 […]

吉川雪堂の急須の価値と相場

陶磁器
急須

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は吉川雪堂の急須の価値と相場について記載して行きたいと思います。吉川雪堂の作品で価値が高いのは壺堂との合作作品で1点10万円以上の金額で取引されることが多いです。また、色彩の入 […]

鈴木爽司の壺・花瓶・香炉など陶芸作品の価値

陶磁器
陶磁器

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は鈴木爽司の壺・花瓶・香炉など陶芸作品の価値について記載して行きたいと思います。 鈴木爽司(すずき そうじ)は京都で生まれた陶芸家で陶芸家・鈴木清の長男として幼い頃から陶芸に親 […]

加藤幸兵衛の仙蓋瓶・茶碗・茶道具などの価値

陶磁器
茶碗

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は加藤幸兵衛の仙蓋瓶・茶碗・茶道具など陶磁器の価値や相場について記載して行きたいと思います。 加藤 幸兵衛(かとう こうべえ)は日本の陶芸家で本名は加藤福寿。幕末から明治時代に […]

三浦竹泉の急須・香炉・鉢など陶磁器の価値

陶磁器
急須

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は三浦竹泉の急須・香炉・鉢など陶磁器の価値や相場について記載して行きたいと思います。三浦竹泉は京焼(清水焼)の窯元・名跡で初代は本名「渡邉政吉(1853年-1915年)」と言い […]

清水卯一の茶碗・盃の相場と価値

陶磁器
茶碗

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は清水卯一の茶碗・盃など陶磁器の価値について記載していきたいと思います。清水 卯一は京都市東山区五条生まれの陶芸家で1940年に立命館商業学校を中退して石黒宗麿に師事し、中国陶 […]

市之倉石州の鉢の相場や価値

陶磁器
鉢

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は市之倉石州の陶磁器の価値について記載して行きたいと思います。市之倉石州の本名は水口元夫と言い、大正14年、岐阜県多治見一之倉の陶家に生まれました。 昭和31年に「光峰窯」を開 […]

北大路魯山人の皿・鉢・茶碗など陶磁器の価値

陶磁器
花瓶

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は北大路魯山人の骨董品(陶磁器)の価値について記載して行きたいと思います。北大路 魯山人は、日本の芸術家で本名は北大路 房次郎と言います。晩年まで芸術家として活躍し篆刻家・画家 […]

藤本能道の壺・花瓶の価値

陶磁器
壺

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は藤本能道の壺(陶磁器)の価値について記載して行きたいと思います。藤本能道は日本の陶芸家で東京藝術大学名誉教授、重要無形文化財(人間国宝)保持者。人間国宝の加藤土師萌、富本憲吉 […]

中国 明治期の染付唐草文 陶磁器の価値

陶磁器
染付唐草文花瓶

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は中国や日本の明治期に作成された染付唐草文の「花瓶」「皿」「茶碗」「徳利」「鉢」などの価値について記載していきたいと思います。唐草文とは、からみ合う植物の蔓(つる)を図案化した […]

浜田庄司の陶磁器・焼き物の価値

陶磁器
茶碗

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は日本を代表する陶芸家である濱田庄司の「湯呑」「茶碗」「花瓶」「壺」など陶磁器の価値について記載していきたいと思います。 濱田 庄司とは 濱田 庄司(はまだ しょうじ)は、主に […]

板谷波山の陶磁器・焼き物の価値

陶磁器
青磁捻耳香炉

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は板谷波山の陶磁器(「蛋殻磁香爐」「花瓶」「香炉」「仏像」など)の価値について記載していきたいと思います。 板谷 波山は明治後期から昭和中期にかけて活動した日本の陶芸家で本名は […]

十三代酒井田柿右衛門の額皿の価値と買取相場

陶磁器
額皿

こんにちは自宅の埋蔵金ねっとの鈴木です。今回は13代酒井田柿右衛門の額皿の価値と買取相場について記載していきたいと思います。13代酒井田柿右衛門の作品は価値が高くなっており、高額査定・高額買取が期待できます。 十三代酒井 […]

ページの先頭へ